葬儀会館の葬式が主流の時代

PR|大阪での家族葬といえば

昔のお葬式だと、自宅でとり行うことがほとんどでした。近隣住民が亡くなると、その日のうちに回覧板でその知らせが届きます。すると、隣三軒の家の者が、お通夜やお葬式の時の駐車場の整理や、受付などを手伝うことになっていました。他にも、お茶の準備をしたり、参列者を案内したりと何かと町内総出で手伝うのが普通だったのです。

曾祖父ちゃんや曾祖母ちゃんの葬式は、自宅でした。その頃、葬儀会館はなく、自宅で葬式をあげるのが一般的でした。しかし、祖父や祖母の葬式になると、葬儀会館で行われました。葬儀会館での葬式は、家で準備する必要がないため、家族で喧嘩になることがありません。亡くなり方にもよると思いますが、不慮の亡くなり方だと、悲しみも大きいし、動揺しています。

その状態に加え、準備でストレスが加わると、家族喧嘩に発展することも珍しくありません。葬儀会館での葬式は、費用が掛りますが、相続税控除の対象になりますし、故人を偲ぶことに専念できます。葬儀会館が急激に増加したのも、マッチングやニーズが、非常に大きいからだと思います。

葬儀会館での葬式は、駐車場の心配も不要ですし、受付も担当スタッフが行ってくれます。こういう事も魅力だと思います。最近は、それに加え、お坊さんの手配等も加えたセット式の葬式を行ってくれる会社も増えています。これは、手間が掛からないだけでなく、コミコミ価格ですから、今後増えていくのではないかと思います。

しかし現在では、葬儀場でお通夜からお葬式、初七日など、すべてをとり行えるようになりました。そのため、自宅でお葬式を行う家がかなり減り、近所の者も手伝うこともかなりなくなりました。

正直なところ、家族としても、葬儀場で行った方が楽なことが多いです。家でお葬式を行うとなると、準備がかなり大変ですし、手伝ってもらう近所の方にも何かと気を遣います。その点、多少費用はかかりますが、葬儀場の方がすべてを取り仕切って下さいますのでかなり楽です。

時代と共にお葬式の形もどんどん変化していっています。亡くなった方への思いが変わらなければ、どんなお葬式の形になってもいいのではないかと思います。

PR|工務店向け集客ノウハウ|SEOアクセスアップ相互リンク集|お小遣いNET|女性向けエステ.com|クレジットカードの即日発行じゃけん|オーディオ|心の童話|貯蓄|お家の見直ししま専科|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|GetMoney|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|生命保険の口コミ.COM|生命保険の選び方|