今流行りの家族葬、メリットに注意です

最近は大掛かりな一般葬儀を避けて、家族や親しい人だけで故人をお見送りする「家族葬」が増えてきました。確かに、お付き合いで来る方も多い一般葬は、施主が知らない参列者方も多くて、施主が疲れてしまうと言われています。
家族葬のメリットとしては①故人ゆかりの方々とゆっくり過ごすことができる②費用も比較的リーズナブルで済む・・・という事でしょうか。
ではデメリットは?実は通夜や告別式(読経)、火葬と、やらなければならない事は、家族葬も一般葬も同じなのです。もちろん参列者が家族葬は少ないですから、費用も抑えられるかも知れませんが、その代わり香典という収入も無くなります。慶事の場合と違い、葬儀は半返しが基本ですから、香典の返礼品もそれほど高額な品を用意しなくて良いのです。
一般には「葬儀費用は香典で補える」とも言われています。もちろん家族葬となると一般の方々の香典は入りません。
もし、費用だけのために家族葬を考えているなら、家族葬の方が一般葬よりも持ち出しは多くなる可能性があるのです。流行に惑わされず、どういう葬儀にしたいのか考えてから、葬儀スタイルを決めることをおすすめします。