家族葬を行った経験を踏まえて感じたこと

身近な人間の葬儀を行う際に家族葬を選択する方も多いと思いますが、私自身も数年前に父親が他界した際には家族葬を選択しました。

実際に家族葬を行ったのはその時が初めてだったのですが、実際に経験してみて感じたことについて書きたいと思います。

まず家族葬を選択した理由ですがその点に関しては生前に父親が希望していた事が大きく影響していて、出来る限り希望通りにしたいと考えました。

実際に家族葬を執り行う上で最初に気になったのは父親の事を誰に伝えるのかという点でしたが、その点に関しては生前に父親がリストを作っておいてくれたので特に問題はありませんでした。

家族と協力しながら準備を勧めて当日になりましたが、ごく親しい人だけが参列したので遺族の側としては負担が少なくて助かりました。

実際に家族葬を行ってみて感じたのは故人と落ち着いてお別れできて良かったという事でした。

多くの方が参列していたらありがたいと感じる一方で負担も大きかったのでは無いかと思いますが、家族葬は比較的負担が軽くて助かりました。

父親との最後の時間をしっかりと過ごすことが出来たので、後悔することなく前向きになることが出来ました。