宗派を間違えて葬儀のやり直しをした

普段無宗教の為、父が亡くなり葬儀を執り行なわければならなくなった時に、どの宗派で葬儀をしたらいいのかわかりませんでした。
父の親せきに聞き、父の実家の宗派で葬儀の準備をしたのですが、いざ通夜が始まるという時に、父の実家の当主から「うちの宗派と違う」と指摘され、困った母は、葬儀の準備をやり直したいと言い出しました。
お坊さんも呼んであり、今さら違う宗派の葬儀の準備などできるはずもなく、そのまま父の実家とは違う宗派で葬儀を行いました。

準備をしていた宗派の葬儀はそのまま行いました。
ただ、その宗派から戒名をもらうということは、その宗派の仏様になるということ(?)なので、その場で戒名はいただかず、俗名(生前の本名)で葬儀をし、位牌も本名に書きかえてもらいました。(その分、葬儀費用の戒名分は無くなりましたが。)

後日、自宅に父の実家の宗派のお坊さんを呼び、その時に戒名もいただきました。
何度も葬儀をしたような感じでしたが、葬儀の時来ていただいた、違う宗派のお坊さんがとてもいい方で、「違う宗派ではありますが、心を込めて故人をお見送りします」と言って下さったので、大事にならずにすみました。

無宗教の方も、日頃から何気ない会話の中で「うちは何宗?」などと話していれば、いざという時に混乱しないでしょう。